和歌山裏風俗ジャーナルTOP > 和歌山の不倫希望の人妻とセックス

不倫妻との出会い不倫希望の人妻とセックスしてきた

みなさん、初めまして。

和歌山市内で自営業を営みつつ、出会い系や風俗を駆使し、日夜オマンコ研究に没頭している37才です(笑)。

僕のモットーはなんといっても「公僕混同!」。

つまり仕事とオマンコをごちゃ混ぜにしながら暮らすことを自分に課しています(笑)。

僕的にはそれでなんの問題もないのですが、2年前まで同居していた妻は「地獄に堕ちろ! この変態野郎!」という謎の言葉を残して僕の元を去りました(笑)。

いったい僕のどこが変態だというのでしょう?

不倫の写真

ヤッターマンのコスプレをしながら、女子大生のアナル調教をしたりしたのがまずかったのでしょうか。僕にはとってもノーマルな人間的行為だと思えるのですが。

まったく妻の考えることはよくわかりません。

まあ、すべては過ぎたことです。

嫌なことは全部水に流して今日からみなさんに僕のラッキー・ゴー・ゴーなオマンコ生活を報告してまいりたいと思います。

まず、最初にご紹介するのはJメールで知り合った29才の不倫妻です。

出会いの写真

よくセックスレスの原因って、エッチをしたがらない旦那のせいにされがちですよね。でも、実際はそれほど単純なものでもないようです。

この人妻さんの場合、エッチを拒んでいるのは彼女のほうでした。

旦那のほうは頻繁にエッチを求めてくるのに、彼女のほうは「旦那にまったく性的な魅力を感じなくなってしまった」んですって。

それでも3回に1回は断りきれずに、いやいやエッチをしているのだそうです。

彼女の悩みはセックスレスより複雑でした。

「旦那とこのままセックスし続けていたら、セックス自体が大嫌いになってしまいそう」

そういう切実な事情があって、Jメールに投稿してきたんですね。

わかりました。

だったらこの僕が一肌脱いで進ぜましょう。

ってじつは僕、仮性包茎なもんでエッチのたび、いつもチンコの皮を剥いているんですけど(笑)。

セックスの写真

と、まあ、実際にエッチに至るまでにはいろいろ面倒なこともあったんですが、とにかく初めてメールを交わしてから約一か月後、彼女をラブホに連れ込むことに成功しました。

そのときわかったんですが、彼女は出会い系で知り合った男とエッチするのが初めてだったんですね。なのですごく緊張していて、同時に異様に興奮もしていました。

この日、僕はそれほど特別なテクニックを使ったわけじゃありません。前戯にほんの2時間くらいクリトリスを舐めて、噴きだした潮を飲んだりしただけです(笑)。

それなのに彼女はみるみる正体をなくして、しまいにははしたない淫語を絶叫しながら何度もいっちゃってました(笑)。

人妻さん、こんな風にいろんな男とエッチをしていればきっとセックス嫌いにはなりませんよ(笑)。

和歌山で不倫募集が多いサイトです

次の新着記事⇒和歌山でパパを探す愛人希望の女