和歌山裏風俗ジャーナルTOP > 和歌山で乱交サークルに通うヤリマン

乱交サークルに通うヤリマンに出会った

僕の仕事仲間には、Jメールに入会している「出会い系友達」がいます。

その友達から先日、おかしな相談を受けました。

彼はいわゆる「寝取られ系」の変態で、Jメールを利用して夫婦でスワッピングを愉しんでいたのですが、懇意になったサークル仲間から「新しい仲間を加えて乱交をしよう」と持ちかけられたらしいのです。

それで僕に乱交に参加して欲しい、と頼んできたんですね。

しかし、僕には相棒になる妻も彼女もいません。

乱交の写真

「いや、お前は1人でいいんだよ。カップル以外の男が一人いてくれたほうが、なにかと助かるんだ」

「助かるってどういうことだよ?」

「夫婦同士の組み合わせだと、夫2人はフル稼働でお互いの妻に奉仕し続けなきゃならないだろ? それってけっこう疲れるんだよ。でも、そこに独身男が1人混ざれば、夫の1人は休憩をはさむことができるし、第三者に抱かれている女房の様子をじっくり観察することもできる。なおかつ男2人で女房を責めることもできる。つまりいろいろ応用が利くんだよ」

「それじゃあ俺が『チンコの使いっ走り』みたいじゃないか」

「使いっ走りだってなんだって2人の女房を抱けるんだぜ。上等だろ? な? こんなこと頼めるの、お前しかいないんだよ。引き受けてくれよ」

ちょっと嫌な予感はしたんですが、結局彼に押し切られる格好で、僕はこの依頼を引き受けることになりました。

スワッピングの写真

じつは悔しいからその友達にはいえなかったんですが、乱交に乗らない理由はもうひとつあったんです。

それは友達がマッチョなうえ、チンコも身体以上にマッチョな男だったことです。

あいつと同時にセックスするのは、ちょっと気が引けるなあ。

と思いましたが、引き受けてしまった以上、いまさら後には引けません。

そんなわけでどうにも気持ちがまとまらないまま、その日を迎えたんですが、嫌な予感はやっぱり的中しました。

出会い系の写真

はっきりいって妻2人のレベルは上々でした。

友達の奥さんは27才のメリハリボディ。お仲間の奥さんは32才のしっとりした色白ボディです。

でも、まずいことにお仲間のチンコも友達並みの巨根でした。

太さも長さも、優に僕の1,5倍はあります。

そんなスペックなので、

友達→お仲間→僕、

という順番でフェラされると、悪気はないのでしょうが、女子たちがなんか「小さくて拍子抜けする」ような状態になっちゃうんですね。

それも癪に触ったし、友達のチンコを舐めた口でキスされるのも、妙に屈辱的でした。

最悪だったのは挿入後です。

頼むときは「第三者に抱かれている女房をじっくり観察できる」とかいってたくせに、2人に抱かれたあとの女子はマンコが広がり過ぎてしまって、僕が入れてもスカスカなんですね。当然、女子たちだって物足りないんです。僕とのエッチは適当に切りあげて、それぞれ巨根2人に戻っていきました。

で、どうなったのかというと、僕は、そのぞれの巨根にいかされる女子たちを、ただ茫然と眺めているだけで終わりました。

本当は僕を誘った友達を殴ってやりたいほど、はらわたが煮えくりかえっていたんですが、そうするとますます自分が惨めになりそうなので、引きつった笑顔を浮かべ、

「楽しかったよ。また誘ってな」

などとウソまでぶっこいて別れました。

チンコが小さいってだけで、どうしてこんなひどい目に遭わないといけないんでしょう(涙)。

写真はみんながお風呂に入っている時に悔しいので、27才のメリハリボディの奥さんにこっそり撮らせてもらいました(笑)

和歌山で女性が多いサイト一覧です

次の新着記事⇒和歌山でパパを探す愛人希望の女