和歌山裏風俗ジャーナルTOP > 紀の川市でSF募集していたギャルとセフレ化

紀の川市でSF募集していたギャルとセフレ化

SF募集の写真

彼女は現在失恋1ヶ月目との事でした。少々瞳に元気はない感じですが、口調ははっきりしていて、見た目の派手な感じとは違って案外真面目そうなギャルでした。

紀の川の「こばやし」って定食屋。このお店を僕は良く利用します。このお店に彼女を連れて行った時の会話なんですが。まとめとして、彼女は出会い系でもあるJメールを使って「SF募集」をしていました。SFって映画のジャンルじゃないです(笑)。要はセフレ募集って意味なんですが。彼女の場合は「期間限定」のセフレ募集だった訳です。

そのギャルは見た目は全然かわいくて、黙っていれば即ナンパされそうな程。しかし彼女がそれを受け入れないらしいく。「そんな男は無視する」との事。しかしセフレって・・・。

紀の川市の写真

結局傷心状態の為に、少しでも人と交わっていると「忘れるかもしれない」と自分で考えて、募集をしたそうです。自分よりも年上だと依存もないだろうと思ったそうですが、37才の僕が限界だった様です(汗)何だか妥協して選ばれたみたいで微妙ですが(汗)

そんな彼女とセックスしてきました。話は真面目な感じですが、実は淫乱な彼女。前戯の時はとにかく甘えまくって、幸せそう。

セフレの写真

「これはやばい!このままでは恋心が芽生えそうだ!」と。心を狼にして熱い膣へ硬くなった肉棒を突き込みます。この時の彼女は声にもならない声で感じまくっていて。結局10分程で最初の爆発が来たみたいです。

こんな感じなんですが、「依存」しないつもりで選ばれた僕でしたが、思いきっり依存されて困っている現在です。特にスマホをみて浮気チェックされるのは苦痛以外何者でもないです(汗)

次の新着記事⇒和歌山でパパを探す愛人希望の女