和歌山裏風俗ジャーナルTOP > 金髪外人デリヘル『ブロンドセブン和歌山駅』の利用体験

ブロンドセブン和歌山駅の利用体験

日本人の男の中には、すごく根深い「ブロンド・コンプレックス」を抱えている人がいます。

とにかく「金髪・青い瞳」であれば条件反射的にチンコを勃ててしまう人々です。

やっぱり先の戦争でアメリカに負けたせいなんでしょうか。それとも我々日本人がテルマエ・ロマエのシリウスがいうように「平たい顔族」だから、堀の深い白人に弱いのでしょうか。

もちろん僕だってミランダ・カーみたいな超絶的セクシー・ビッチとオマンコできたら、とは思います。思いますが、不思議なことにオナネタにならないんです。ミランダ・カーだと、見た目のスペックが違いすぎてオマンコとかをうまく思い浮かべることができず、やっぱり最後は日本人女子のマンコを想像していくんですね。

「平たい顔族」ってほんと哀しいです(涙)。

ブロンドセブンの写真

と、そんなことを思いつつ、ネットで風俗店を検索していると、なんとここ和歌山県に金髪外人専門デリヘルが存在していることを知りました。

その名も「ブロンドセブン」。

みなさんもぜひこの店に在籍している女子たちを確認してみてください。

すごいです。とんでもなく綺麗なビッチが目白押しです。

いったいこのお店はどのようにしてこのようなキャスティングをしているのでしょう。

「いくらかの金を支払うだけでこの女子たちと裸のお付き合いができる」

こうなったら想像ではなく、実際に彼女たちのオマンコを拝んでみるしかありません。

この日、僕のお相手をしてくれたのはロージアちゃんという21才の女子でした。

ロージア(21)の写真

彼女はロシア系の超絶美人でした。

といっても身長は160センチ。平たい顔族にとってはじつに手ごろな背丈です。

じつは僕、ネットの無修正動画なんかを選ぶとき、なぜだかいつもロシアとかウクライナとかのスラブ系女子をクリックしちゃうんです。スラブ系女子の身体の輪郭の柔らかさだとか、顔の小ささなんかが、じつは平たい顔族のチンコを刺激してくるのかもしれません。

いうまでもありませんが、ロージアちゃんのスタイルはとんでもなく優雅でした。脚なんかウソみたいに長くて真っ直ぐで、ラックススーパーリッチのCMにでてくるモデルさんにそっくりです。

デリヘルの写真

どことなく猫科の動物を思わせる彼女でしたが、まだ日本語がたどたどしく、それがとっても愛らしくって笑えました。いったい誰からどう接客を教わったのか、

「おまんこみたい?」

とか

「ちんちんたべよか」

とか、変な淫語を連発してきます。

それにしてもエッチにもお国柄ってあるんですね。

ロージアちゃんのプレイはなにもかもが、なんか「熱い」んです。

平たい顔族のチンコはあっというまにホカホカになって、ド派手に精液を噴いちゃいました(笑)。

※彼女の写真は撮影できなかったので僕のセフレの写真を変わりに載せてます。ちなみに本番はだめでした…

次の新着記事⇒和歌山でパパを探す愛人希望の女