和歌山裏風俗ジャーナルTOP > ハーフガール和歌山(デリヘル体験)

ハーフガール和歌山を利用してみた

いま、芸能界でも、黒木メイサとかローラとかシェリーとかダレノガレ明美とかベッキーとか、ハーフの女子が人気ですよね。

きっと我々日本人は、いきなりヨーロッパ系の顔だと気後れしてしまうけど、そこに半分程度日本人の血が混じってマイルドになった状態の顔が1番好きなんでしょうね。

「ハーフガール 和歌山」はそういうハーフやクォーターの女子をラインナップしたデリ店なんです。

ハーフガールの写真

いやいや、僕はこの店のオーナーの目の付け所とガッツに心から敬服します。

HPをご覧いただけばおわかりの通り、どのお嬢様も美しすぎます。

こんなにレベルの高い女子をラインナップすのが、どれほどたいへんなことなのかは、想像に難くありません。

というわけでオーナーのご苦労にあやかり、さっそくチンコを硬くしながらお嬢さんを呼んでしまいました(笑)。

今回のお相手は森野チカちゃん(21才)です。

森野チカ(21)の写真

チカちゃんは「日本×ノルウェー」のクォーターなのだそうです。

でも、身長157センチのおチビ女子で、お乳はEカップの巨乳です。

髪の毛はサラサラのストレート。栗色の瞳は目からはみ出しそうなくらい大きいです。

彼女はまるで男を勃起させるためだけに作られたエロいフィギュアです!

お顔の作りもそうですが、日本人と1番違うのはなんといってもお肌の白さですね。日本人の場合、いくら白いといってもそこはやはりアジア人なので弱冠「イエロー」が混入しています。

でも、チカちゃんのお肌は違います。もう、血管が透けてみえるくらいまっっっ白なんです。

いったいそういう女子のオマンコはどういうつくりになっているのでしょう。

僕がマンコを広げてみると、

「いやあ、恥ずかしい……」

チカちゃんはお顔をピンク色に染めて、喘ぎました。(僕もこういうロリっ子に出会うとどんどん変態性が増していきます)

デリヘルの写真

いやいやいや、こういうマンコをどういえばいいのでしょう。

1番近いといったら生まれたばかりの赤ん坊の(歯の生えていない)口腔ですかね。小陰唇が鮮やかなピンク色をして、クリトリスも膣口も尿道もツヤツヤと光っています。

これをみて舐めたくならない男は男じゃありません。

僕はもう夢中になってクンニを開始しちゃいました。

「あ、ああああ……」

チカちゃんも感じているのか、可愛いオマンコから甘いガムシロップのような愛液をトロトロと流しています。

そうしたらチカちゃんも少女のような小さなお口にチンコを含み、フェラーリを開始しました。チカちゃんのお口の中が心なしか熱いです。早くもいきそうです。

それでも僕は耐えに耐えてなんとか、素股まで持ちこたえました。

あんまり我慢し過ぎたせいでしょうか。

素股になってチカちゃんのオマンコにチンコを挟まれてグチョグチョっと動かされただけで、僕はもんのすごい量の精液を暴発させてしまいました(笑)。

※ちなみに本番はだめでした…彼女の写真は撮影できなかったので僕のセフレの写真を変わりに載せてます

次の新着記事⇒和歌山でパパを探す愛人希望の女