和歌山裏風俗ジャーナルTOP > 激安デリバリーヘルスサマンサの利用クチコミ

激安デリバリーヘルス サマンサ

いやあ、デリヘル業界にも深く、静かに価格破壊の波が押し寄せているようです。

和歌山市内で激安のデリ店をみつけちゃいました。

その店の名は「サマンサ」。

40分で5000円、60分で8000円、90分で10000円です。

デリヘルに詳しい方ならおわかりかと思いますが、これって平均価格の約半額です。

でも、そうなると気になるのが姫のレベルですよね。いくら安いっつたって本サロにいるようなモンスターをつかまされたらたまりません。

サマンサの写真

というわけで、ホテルに入ってからも内心ハラハラしながら女子の到着をまっていたんですが、この店を選んで正解でした。

現代日本では、いくら値段が安いからって粗悪なものを提供していたら消費者はお金を支払いません。

もちろんデリヘルだって例外ではありません。

「よろしくお願いいたします」

僕の前でそういってはにかんだなつみちゃん(二十歳)は、とってもしっとりした印象の和風美人でした。

なつみ(20歳)の写真

なつみちゃんの魅力をどういったらいいんでしょう。

銀行窓口で接客している美人銀行員、というような、なんとなく地に足の着いた美しさが感じられます。おまけに色の白さがハンパじゃありません。裸になると、部屋が光量がいくらか増したような気さえしちゃいました。

そのうえ美乳で美尻です。乳首は淡い桜色です。さらにオマンコはツルンツルンの無毛です。しかも色素沈着のまったくない美マンコです。おじさんには二十歳のマンコがまぶしすぎます。

どちらかというと、控え目な感じの彼女がいったいどんなご奉仕をしてくれるのでしょう。

と、思っていたら、僕はとんでもない見込み違いを犯していました。

デリヘルの写真

ベッドに移動してからの彼女は、人が変わったように積極的でした。

というか、ものすごく感じやすい体質なようで、絡み合っているうち自然と夢中になってしまうようなのです。

事実クリトリスは包皮からムニュウっと飛びだすくらいに勃起し、マンコからはアナルに垂れ落ちるくらい愛液が溢れています。

なのでお仕事って雰囲気がまったくありません。69をしているときなんか、お互いをいくのを我慢し合っているのがわかりました。

なので素股になってヌルヌルのマンコをチンコにこすりつけられたとき、2人とも限界を迎えていたんです。

「あ、あああ、当たってる……! 敏感なところに当たっている! あ、だめ、いく、いきそう!」

「俺もだよ! もう、ダメだ!」

「きて! 一緒にきて!」

「ああ、いく!」

「わたしも! あ、あああああ!」

2人で硬く抱き合ったまま、しばらくビクンビクンと身体を痙攣させていました。

それにしても女子って見た目ではまったくわかりません。

デリ嬢には珍しく、なつみちゃんってAFされるのが大好きなんですって。どうせなら本番させて欲しいんでけどね…

まだ二十歳だっていうのに、いったい誰にアナルのよさをしこまれたんでしょうね。

サマンサはオプション料金もとってもお手頃なんで、この次はぜひなつみちゃんのアナルの絞まりを味わってみようと思います。

※彼女の写真は撮影できなかったので僕のセフレの写真を変わりに載せてます

次の新着記事⇒和歌山でパパを探す愛人希望の女